スタッフブログ | おでかけエステ|箱根温泉|箱根のホテル・旅館「マイユクール祥月」公式HP header image 1
5 / 21 ページ1234567891011121314151617181920...最後 »

美容

メイクアップブラシの お手入れについて☆彡

2011年12月10日 · コメントは受け付けていません。 · お土産, ホテル フロント, 美容

当ホテルで販売中の高級メイクアップ用ブラシ【熊野化粧筆】を、たくさんのお客様にお求め頂き、大変有難く存じます。
そして「お高価なものですから」と 気を馳せ、いつまでも心地好くお使い頂けますよう、お手に渡って行ってからも 情報発信・メンテナンスのお手伝いができれば…と考えております。
そこで、この話題 6回目の本日は、ブラシのお手入れについて お話しさせて頂きます。
お化粧品が残り・混ざり・皮脂も加わり・時間が経ったガンコな汚れには、水洗いが必要ですが、
根元の金具の中にバクテリアが発生し易く、抜け毛・切れ毛の原因に。また、キューティクルの損傷・タンパク質の流出など、毛質を傷めてしまいます。
水洗いは“不要派”と“2〜3ヶ月に1回派”と 諸論ありますが…『日々のお手入れ』と、たまに『粉洗い(後日に掲載予定)』をするだけで良いと思う私。前職が 1日に20名様・通算4万名様にメイク施術をさせて頂いたアドバイザーだったので(その頃のウラ技のお話を 10月31日に掲載)、その使用回数に対しては 水洗いもしていましたが、その分「傷む前に!」と 頻繁な買い替えが必要でした。
では、その『日々のお手入れ』について、お話し致します。
【1】ブラシに残った粉を 指で払い落とします。
【2】道具を使い、汚れを取り除きます。
このメーカーの先生は『綿パフ』を薦めていらして、確かに よく汚れが取れて 毛に優しいことは、一番!だと思います。しかし、パフ自体に皮脂混じりの粉が付いていたらNGなので、ブラシ掃除専用の物を用意して、また 頻繁にパフを洗っておかないといけません。
「“道具の手入れの為の 道具を手入れする”って、ちょっと面倒だなぁ」と思うので、『ティッシュ』が手軽で清潔♪毛にも優しい♪と思います。(コットンは、繊維のケパケパがブラシに絡みがち。ガーゼを使うプロの方も居ますが、力加減によっては 毛を痛めてしまいます。
★ティッシュに ブラシを斜めに(垂直だと 毛先が折れ、切れ毛の原因に!)当て、柄を軽く転がします。
これを、毎回の使い終わりに すると良いのですが…朝のメイクは 時間との戦い!「そんな余裕は、ないわぁっ!」と仰る方が殆どだと思いますので、夜にお手入れをするのが良いかと思います。テレビを見ながら とか、お風呂上がりに 髪を乾かしながら、片手でドライヤーを振り振り・片手でブラシをコロコロ とか。(もちろん、本当は、使用直後に お手入れした方が良いのですが…)
たまに 櫛(木製が最適)をかけるのも必要ですが、摩擦を恐れる私は、櫛のコンディションも整えておきます。なんちゃって!自分の髪にヘアクリームを塗った時にコーミングした櫛を、ほっぽらかしておくと 乾いて、ツルツル感が有るけど ベトベトしていない櫛になるってだけの事なんですが。
by 温泉オタク

[続きを読む →]

タグ :

〜箱根温泉のホテルマイユクール祥月をご利用のみなさま 〜
日頃の疲れを、箱根の天然温泉でごゆっくり癒してごらんになりませんか?
東京の奥座敷とも言われます、箱根にございます【ホテルマイユクール祥月】では、女性のお客様に喜んでいただけますように、癒しと安らぎの空間をご提供させていただいております。
広々とした大浴場や露天風呂などの天然温泉。たっぷりオイルとオールハンドトリートメントのエステ。厳選素材を使用したフルコースディナーで、心も体もリフレッシュ。
ごゆっくりおくつろぎいただけますなら、箱根温泉【ホテルマイユクール祥月】をご利用くださいませ。