スタッフブログ | おでかけエステ|箱根温泉|箱根のホテル・旅館「マイユクール祥月」公式HP header image 1
1 / 3 ページ123

2013年07月27日のエントリー

箱根あじさい情報♪第5弾!

2013年07月27日 · コメントは受け付けていません。 · ホテル フロント

「もうすぐ8月になろうと言うのに、『あじさい情報』ですって?」と驚かれてしまうかも知れませんが、
箱根の山の上の方には、まだまだ、綺麗な紫陽花が咲いているんですよ!
先日、元箱根(細長い形の芦ノ湖の 真ん中あたりの場所です)へ遊びに行って来た時に撮った写真です。
白い萼は、早くから開いていたようなものが多く、ちょっと色が変化していたり(3枚目の写真の上の方)しますが、
青い萼は、かなりイキイキとした感じで、緑っぽい白みたいな程に若い、薄い水色も(4枚目の写真の下の方)見ることができます。
元箱根は 標高が700m以上ある場所で、当ホテルがある箱根湯本との差は600m程。100mで0.6度の気温差があるそうなので、4度くらい涼しいことになります。
ここ数年は猛暑な夏が続いていましたが、芦ノ湖周辺は 真夏でも夜は肌寒い程に涼しい場所として有名ですので、このまま8月に突入しても、まだまだ、綺麗に咲き続けてくれることと思います。
ちなみに、“紫陽花は 枯れても散らない”って言うのは、あまり知られていない話なのだそう。
枯れて 茶色くなり、コーンフレークスみたいにカリカリになっても、散らないんです。花びらのように見えている部分は 萼(がく)なので、散ることがないんです。
しかし、その姿を見たことが有る方は、あまり居らっしゃらないと思います。見頃が過ぎたら、“切り戻し”と言って、茎をバッサリと切ってもらう必要があり、枯れる前に 行方不明になってしまいます。
なので、「移り気(紫陽花の花言葉)な 初夏の女王は、老いた姿を人には見せない」なんて言われているのだそうです。
さて、さて、
5枚目の写真は、おまけ。
急に雨が強く降り始めた時に撮ったもの。
この写真のタイトルは『スワン三兄弟、家路を急ぐ』です。
モーターボートに連れられて、仲良く並んで帰って行きました。

[続きを読む →]

タグ :

〜箱根温泉のホテルマイユクール祥月をご利用のみなさま 〜
日頃の疲れを、箱根の天然温泉でごゆっくり癒してごらんになりませんか?
東京の奥座敷とも言われます、箱根にございます【ホテルマイユクール祥月】では、女性のお客様に喜んでいただけますように、癒しと安らぎの空間をご提供させていただいております。
広々とした大浴場や露天風呂などの天然温泉。たっぷりオイルとオールハンドトリートメントのエステ。厳選素材を使用したフルコースディナーで、心も体もリフレッシュ。
ごゆっくりおくつろぎいただけますなら、箱根温泉【ホテルマイユクール祥月】をご利用くださいませ。