スタッフブログ | おでかけエステ|箱根温泉|箱根のホテル・旅館「マイユクール祥月」公式HP header image 1
1 / 24 ページ1234567891011121314151617181920...最後 »

2015年08月30日のエントリー

読書の秋(残暑) 見て歩く

2015年08月30日 · コメントは受け付けていません。 · 季節のコラム

読書の形態について。
図書館で本を借りたり、本屋で購入するよりも
もっと手軽かつ無銭で行える方法がある(図書館はお金かからないけど)。
それはその辺の雑誌や新聞に目と通すことである。
投げやりに言っているのではなく、興味や関心を広げたり深めたりするには、
その辺にあるものを適当な気持ちで目を通すくらい緩い気持ちが最適なのだ。
例えば、花の展示即売会が近くであるとする。
行くのはタダで、家からも近い。会社帰りに寄る事も出来る。
なんとなく頭に入れておいて、すっかり忘れてしまう。
後日会社帰りに唐突に思い出す。
なんとなく寄って見ると、興味を引くものがある。
そこには花の育成の方法や、作家のコメントや、次回展示の案内なんかが置いてある。
なんとなくそれを持ち帰って、なんとなくして忘れていしまう。
だがまた事あるごとに思い出し、その時手元にあったチラシに目を通す。
このとき既に、関わったものに浅くではあるが興味が広がっている。
その時々で忘れてしまっても、機会を得て鮮明に思い出す。
そして行く先々には別の情報が置いてある。
情報は次から次へと繋がっていき、些細なことでも関わりを持てば
本人の中に残る。
途切れることの無い情報を渡り、蓄積し、自分の血肉にする。
文字を追っていくだけですら、能動的な読書である。
今はネットサーフィンで次から次へと伝播していくが、
そこに自分の“足”を足すと体験が強くなる。
近所の、ほんの近場で良い。
居酒屋の手書きメニューだったり、終末思想の新聞でも良い。
どこにでも入り口はあり、簡単に深く広く入っていける。
気にかけるだけだが、よい読書の始まりにはなると思う。
まだ夏だけど。

[続きを読む →]

タグ :

〜箱根温泉のホテルマイユクール祥月をご利用のみなさま 〜
日頃の疲れを、箱根の天然温泉でごゆっくり癒してごらんになりませんか?
東京の奥座敷とも言われます、箱根にございます【ホテルマイユクール祥月】では、女性のお客様に喜んでいただけますように、癒しと安らぎの空間をご提供させていただいております。
広々とした大浴場や露天風呂などの天然温泉。たっぷりオイルとオールハンドトリートメントのエステ。厳選素材を使用したフルコースディナーで、心も体もリフレッシュ。
ごゆっくりおくつろぎいただけますなら、箱根温泉【ホテルマイユクール祥月】をご利用くださいませ。